GAME READY アスリートレポート #2 | Melbourne United 馬場雄大選手

投稿日:2022.03.18

Melbourne United (オーストラリア NBL) 馬場雄大 選手(Yudai Baba)

インタビュー:Melbourne United (オーストラリア NBL)馬場 雄大選手(YUDAI BABA)

今回は、2022年3月オーストラリア NBL「Melbourne United」へのカムバックを発表した 馬場 雄大選手 に、試合や練習後のセルフケア、GAME READYの使用経験についておうかがいいたしました。

 ケアしていれば、防げるケガもあったと思います 
『ケアのスピード、 特に練習が終わった瞬間のケアをとても大切にしています(馬場選手談)

NBA Gリーグ Texas Legends 馬場雄大 選手(Yudai Baba)

日本とオーストラリアでご活躍されていますが、コンディショニングを維持するするためのコツを教えてください。

日本にいる時もオーストラリアにいる時も毎日自分を追い込んでハードな練習をするため、終わった瞬間のケアをとても大切にしていました。
特に、「練習が終わってすぐケアをするのか」「時間が空いてケアするのか」で、次の日の体にかかる負担も違ってきます。そういった部分でケアのスピードはかなり意識しながらやっていました。
あとは、食事ですね。ご飯もしっかり食べて栄養バランスも考える。次の日の準備をその日のうちからできるよう、心がけています。


NBA Gリーグ Texas Legends 馬場雄大 選手(Yudai Baba)

オーストラリアでのセルフケアと、GAME READYの使用状況はいかがですか?

自分でケアをする時間が多いのですが、疲労が普段より多いとき、ハードな練習の後など、自分だけの力では回復できないときに使っています。
やっぱりGAME READYをつかうと足の軽さ、体感が違いますね。試合前にも使ったりします。

若い選手へのメッセージをお願いします。

僕もそうでしたが、高校時代や大学時代、体のケアは全然していなかったんです。しなくてもいいと思っていました。でも、もしその時にケアをしていたら防げたケガもあったと思います。だからこそ、ケアの大切さを年を重ねて感じるようになりました。夢中になると、自分の体の声に耳を傾けられなくなります。だからこそ、意識的に体の声に耳をかたむける。ケア、トリートメントは若いうちから、自分でできることをやって欲しいと思います。


NBA Gリーグ Texas Legends 馬場雄大 選手(Yudai Baba)

日本でもオーストラリアなど世界でもご活躍なさっている馬場選手ならではのコンディショニングのお話をおうかがいできました。
夢中になっているときほど忘れがちですが、可能なセルフメンテナンスを心がけるべき、改めて認識することができました。


NBA Gリーグ Texas Legends 馬場雄大 選手(Yudai Baba)

馬場 雄大選手(Yudai Baba)
Melbourne United (オーストラリア NBL)

富山県出身。スピードと高い身体能力をいかしたダイナミックなプレーが持ち味で、筑波大学在学中にBリーグのアルバルク東京に入団し、1年目で新人王を獲得、2年目はチームのリーグ2連覇に貢献し、MVPを受賞。2019年NBA・Gリーグの「Texas Legends」と契約。20年7月、オーストラリアのNBL「Melbourne United」に移籍し優勝に貢献。チームの最優秀守備選手賞に選ばれた。2021年45年ぶりの出場となった東京五輪ではバスケットボール男子日本代表の一員として全試合スタメン出場。2021年10月NBA・Gリーグ「Texas Legends」と契約。翌年、2022年3月、再び「Melbourne United」への復帰が発表された。

GAME READYの紹介

ブランドと製品について

GAME READYに関するお問い合わせはこちら>>

GAME READY記事

アスリートレポート

トレーナーズレポート